特異家出人とは

 

行方不明になった場合、
その状況によって、
警察の探し方が大きく異なります。

 

例えば、「特異家出人」と呼ばれる家出人の場合は、


殺人や誘拐などの
凶悪犯罪の被害者になった可能性が高い場合や、

水難や転落、交通事故といった
何らかの事故に巻き込まれた可能性が高い場合、

自殺する恐れがある場合、
青少年の福祉から反する
被害者になる可能性が高い場合、

病気や障害などで一人で生活するのが
非常に困難な場合などがあげられます。

 

つまり、特異家出人というのは家出人の中でも、
特に一刻を争うケースが多いのが特徴
です。

 

そのため、警察による家出人の探し方も
大変気合が入ったものとなるケースがほとんど。

 

警察が、家出人を「特異家出人」として認定すれば
写真や氏名を公表して公開捜査を行ったり、

大規模な捜索隊を結成して
大掛りな家出人捜索活動をしてくれます

 

 

家出人がいる場合は、まずは警察に届け出を

 

特異家出人であると認定されるには
まず家出人捜索願を警察署へ届出する必要があります。

その後、警察が特異家出人と判断しますので、
行方が分からなくなったらとにかく、迅速に
警察署へ足を運ぶことが大切です。

 

そのときに行方が分からなくなった経緯や
家出人の写真、身体的特徴など

細かな情報があれば、
後の捜索活動に大きく生かすことが出来るため、

なるべく多くの資料を持って
警察署へ向かいましょう

 

そのときに届出人の印鑑や
身分証明書も忘れずに持参することが大切です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>