警察による家出人の探し方


家出人の探し方としては、
警察署に家出人捜索願を出す方法
があります。



家出人捜索願を出す警察署は、
家出人の居住地を管轄している、
または保護者の居住地の警察署に提出することになります。



家出人の探し方は、まずは警察署に出向くことで、
事情を話すことが必要になります。



提出が必要になる届け出用紙に
必要事項の記入を行って、

職員からの質問についてわかる範囲内で答える形となります。




家出人に関するあらゆる情報を警察に伝えましょう


届け出をする人の氏名や家出人との続柄、
現在の住所、捜索する対象の人の氏名や
性別、生年月日、本籍地、住所や職業などを
質問されますので答えるようにしましょう。



他にも、家出人の身長や体重、怪我の痕や手術の痕、
ほくろなどの身体的な特徴がある場合には、
それらの特徴を話します。




更に、家出をした日時や
最後にあなたが家出人を見た日時、

家出の原因となる思い当たる範囲での動機、
家出をした際の服装や
所持金、持ち物など

家出人に関するすべての必要な情報を
警察に報告するようにしましょう




その他、家出人の交友関係や、
何らかのトラブルに巻き込まれている
可能性がないかどうかなど、

家出人のプライベートの範囲まで
さまざま聞かれますので答えることが大切になります。



最後に、家出人本人の写真を提出して、
書類に印鑑を押すことで
警察への届け出は受理されます。



ただし、自分の意思によって家出し、
行方不明になった場合には 民事の扱いとなり
警察による積極的な家出人探しは行われません



何らかの外部による原因で行方不明になったときには
事件として捜査されることになります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>